『東京の都市づくりのあゆみ』のパンフレットを紹介!

GiVerS RYO
GiVerS RYO
今更な感じもありますが・・・

 

東京都から『東京の都市づくりのあゆみ』なるパンフレットが公表されております。

 

2019年6月14日の報道発表資料によると『都市計画法・建築基準法制定100周年を迎える節目に、江戸時代から続く東京の都市づくりの変遷を「東京の都市づくりのあゆみ」として取りまとめました。』とのこと。

 

何かと『100年』『100年』って・・・・人類史からすると点でしかないわけですが、今を生きる我々からすると『100年』は点には感じませんからね。

 

ということで、このパンフの存在を知らなかった方は、教養的にも雑学的に身になる知識としてチェックしておきましょう!

 

なんとなくの注意書き

※全編無料でダウンロードできます。(リンクは下に貼っておきます。)

※ALU建築法科大学校は、行政組織としての東京都とは一切関係はありません。今後も行政庁などのホームページで面白いパンフや条例を見つけたら記事化したいと思います。

 

特徴など

  • 東京の都市づくりのはじまりである江戸時代にまで遡って解説
  • 現在の東京の強み・魅力の形成につながる取組や出来事を中心に編集
  • 東京の地図や写真、グラフを多く使用するなど、視覚的に工夫
  • 都市づくりの学識者のコラムを各章に掲載

 

個人的には『3章 市街地の拡大と都市基盤の充実―高度経済成長とオリンピック(1950年代-1980年代)―05 容積地区制と超高層時代 P74-75』あたりがヒットしましたね。容積率制度の適用などについて学べる良い機会でした。

 

リンク

報道発表資料

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/06/14/03.html

 

ダウンロード

http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/keikaku_chousa_singikai/ayumi.html

 

以上

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です