検定1週間前には到達しておきたい理想の状態とは?

理想の状態とは?

この記事はこんな方におすすめ

  • ALUがお勧めする150日合格メソッドを愚直に実践してきた方
  • 検定を1週間後に控えた受験予定者
  • 検定1週前の理想的な状態を先回りして把握したい方

この記事は、検定1週間前に読まれるように、過去に投稿した記事をリライトしたものです。

 

検定まで1週間の時点で、下記のような完成度であれば、合格率はとても高い理想的な状態だと言えます。

考査A

  • 時間内に全ての選択肢(85肢)について根拠法令をメモしながら解くことができる。
  • 模擬試験において30点以上(15問以上)の得点する実力がある。

考査B

  • 解答の書き出しが自動化されており、問題文のどこに必要な数値が明示されているか把握できている状態。

この状態になっていれば、他の受験者よりも高い仕上がり具合かと思います。

もちろん、新出問題や新傾向問題が出されれば、辛いところですが、受験者全員に言えることです。

また、この状態になっていないな、と感じる方は、まだ1週間あります。試験当日に合格点を取れる状態になっていれば良いのです。

最後まであきらめずに頑張りましょう。みなさんの合格を期待しています。

Copyright© ALU 建築法科大学校 , 2020 All Rights Reserved.