「第」は省略可能か/考査B記述

「第」は省略可能かという永遠の命題について再度考察してみました。

結論

法律全般の基本的ルールとして、「省略しない」のが無難というお話。

考査Bはいったい何度「第」を記載すればいいのでしょうか。

画数も11画と比較的多く、また、一つの根拠法文に対して3つほど記載しなくてはいけません。

〇条○項〇号」←3つ

 

略字(「才」みたいなヤツ)もありますが、これは日本語的にどうかというところ。

 

検定と割り切って、「第」を省略せずに頑張りましょうか。

 

一応、六法の解説本などを見ると、「第」は省略されていないので、法学の常識的なもののようです。

 

もし、検定合格者で、「私は“第”を省略して合格したよ。」という猛者がいましたら、参考にコメントをいただけると幸いです。(といっても証明できるものがないので、噂の域は出なさそうですが・・・)

 

GiVerS RYO

Copyright© ALU 建築法科大学校 , 2020 All Rights Reserved.