集中するための勉強法 ※20161114再掲

この記事は、前身ブログ「最短攻略!建築基準適合判定資格者検定!」に2016年11月14日に投稿した記事です。

集中するための勉強法とは?

私は根性論や精神論などなど、エビデンスがはっきりとしないものには抵抗感を覚えるため、脳科学といった科学的根拠がある手法しか信じていません。

忙しい毎日を送るみなさまには、少しでも効果的な勉強法をお教えできればと思います。

「受験は要領」で有名な和田秀樹先生や天然パーマでお馴染み茂木健一郎先生などなど多数の勉強法・記憶法を紹介している方の本を読みました。

もちろん狙いは、人生におけるレバレッジ(テコの原理)を効かせた勉強法をマスターするためです。

具体的な方法についてその一部を提示いたします。

どれか一つでも取り入れると違いが実感できるかもしれません。欲を言えば、全て取り入れて、レイヤーを重ねるように効果を最大限発揮してみてください。

・ナッツを食べると集中力が回復する。
・午前中に30分程度の運動をすると生産性が高まる。
・自然光や黄色い暖色系の光を浴びる。積極性が高まる。
・適度の騒音があるほうが集中できる。(70~75dBちょっとうるさい喫茶程度)
・朝と夜の2回復習するとなんでも覚えられる。
・たった5分の瞑想で集中力が回復する。
・1日5時間より、1時間を5日間。

出典:「ちょっとした行動で未来を変える52のヒント」 メンタリスト DaiGo

GiVerS RYO

Copyright© ALU 建築法科大学校 , 2020 All Rights Reserved.