H30年度検定まで残り114日 これから対策を開始しても、まだ間に合うか?

試験まで残り何日?

前回の投稿記事にも記載しましたが、きすん様の情報提供により検定日が『8月31日(金)となっておりますので、逆算すると、今日から数えて準備できる期間は、残り114日となります。

114日と言われも、多いんだか少ないんだかわかりませんね。

4カ月くらいと思えば具体的に時間をイメージできるかと思います。

勉強法について少しアドバイスすると、試験日までを一日単位でカウントダウンするよりも、1週間単位でカウントダウンする方がモチベーションを維持できることは有名ですよね。

とすれば、残り16週と2日となります。

これから勉強計画を立てる人は、16週(16クール)を無理なくスケジューリングすることをお勧めいたします。

また、試験までは4か月程度あるので、モチベーションの低下が予想されますので、対策として多少のバッファ期間(休息期間)を設けるのが効果的です。

ただし、週単位で計画する場合は、その週(7日)の中で、1,2日程度の「何もしない日」を設定することをお勧めします。決して1週間何もしない日を作るのだけは避けたほうがいいです。実際に、私も1週間に1日は勉強しない日を設けていました。(・・・嘘です。考査Aは必ず2,3問はやってました・・・)

 

で、まだ間に合う?

3月に投稿した「勉強法について(考察)」を参考にすると、「実力者コース(勉強期間目安2~3か月)」対象の方は、まだ対策を開始しなくても十分に本番は合格点に到達できると思います。

また、「準実力者コース(勉強期間目安3~4か月)」対象の方も、そろそろ考査Aあたりから勉強をし始めれば、試験本番に合格点到達は十分に可能かと思います。

一方、「ブランクコース(勉強期間目安4~7か月)」対象の方は、今から本腰入れて対策に時間を割かないと辛い状況となっております。

「初学者コース(勉強期間目安)7~10か月」対象の方は・・・さすがにもう対策してますよね?考査Aは1周は終了して、2週目に入ってる頃ですよね?基準法に線引きがだいぶされてますよね?といった感じです。笑

 

ということで、まだまだ間に合う方が多いと思いますので、ぼちぼち考査Aから対策を始めましょう。

 

GiVerS RYO

Copyright© ALU 建築法科大学校 , 2020 All Rights Reserved.