本検定は時間との闘いと言っても過言ではない試験です。

法令集の持ち込みがOKなので、基本的には時間をかければ誰でも(1級建築士の試験にパスした人間であれば)100点満点の回答が導き出せるだろう、ということですね。

考査Aは34点で、考査Bは66点合計で100点満点となっております。詳細は、下記記事をご参照ください。

 

考査Aの時間配分について

※関連のアーカイブリンクへ飛びます。

 

考査Bの時間配分について

※関連のアーカイブリンクへ飛びます。

 

Copyright© 建築法科大学校 , 2020 All Rights Reserved.