告示編は検定に必須

検定まで、あと12週と2日です。無事に検定申込手続きは終えたでしょうか?

さて、先週末に下記のお問い合わせがありましたので、みなさんと共有したいと思います。

 

相談者:Tちゃんさん

問い合わせ内容:今から受験勉強をしようとしている、無謀なやつからの質問です。今から新規で法令集を買おうとしてますが、総合資格の法令集がいいと書いてありますが、告示編も受験に必要なのでしょうか?総合資格は別々になっているとうかがいました。2冊も受験会場に持っていくのも邪魔になりそうな気がするのですが・・・

今からの勉強とあっては、少し遅れをとっている印象を受けますね。

これからの巻き返しを期待しましょう!

 

確かに、私自身は総合資格学院さんの法令集を持ち込んで受験いたしました。

 

告示編も総合資格学院のものを使用しましたが、法令編よりも1年度古いものを使用しました。もちろん、考査Bで出題可能性のある告示部分が、改正によって変更となっていないか程度は確認しています。

 

結論としては、考査Aでも過去に数問は告示を参照しないと回答根拠がわからない問題が出題されており、考査Bの計画3(構造計s何)では告示編がないと「お話にならない」でしょう。 ←告示の項号や内容を丸暗記できていれば不要ですが・・・

ということで、絶対に告示編は検定に必要と考えられます。

 

あとは、法令編と告示編を異なる出版社のものを持ち込めるかですが、この点は確かな情報がつかめませんでしたので、極力、同じ出版社の法令集と告示編を用意したほうが無難でしょう。

私のように、年度が異なっても持ち込みはできましたので、特に厳しくはないと思いますが・・・

 

 

「周りでこんな人がいた!」など、面白い事例があればコメント欄に記入ください。

 

GiVerS RYO

Copyright© ALU 建築法科大学校 , 2020 All Rights Reserved.