気になる合格基準点、合格率、合格者数の推移【建築基準適合判定資格者検定】

合格基準点等の推移

過去の合格基準点等の推移を掲載します。データ分析用にお使いください。

年度 合格基準点 合格率 合格者数 実受験者数
令和2
令和元 66 31.8% 352名 1,286名
平成30 69 39.7% 461名 1,161名
平成29 67 35.5% 461名 1,299名
平成28 66 24.9% 324名 1,300名
平成27 67 35.6% 496名 1,393名

メモ

検定が始まった平成11年当時は、受験者数202名、合格者数61名という検定でした。その後、指定確認検査機関が組織・制度ともに成長し、平成22年に受験者数が1,000名を超える試験となりました。これ以降は、概ね1,200~1,300人程度の受験者数で推移しております。

検定メモ

平成30年 考査Aに建築物省エネ法の出題が開始。(選択肢)

平成25年 考査B計画Ⅲ(構造審査)の問題が、ルート2主事制度の出現の影響からか、出題傾向が変更となった。(平成26年以降は、概ね毎年同傾向の問題となっている。)

平成23年 過去最高の合格率45.7%を記録 (過去最低は、平成21年の21.5%)

平成18年 考査Aが17題に変更、考査Bに計画Ⅲ(構造審査)が追加、小論文が廃止。

平成11年 検定開始 考査A(20題)、考査B(計画Ⅰ・Ⅱの意匠審査のみ)、小論文の3部構成。

Copyright© ALU 建築法科大学校 , 2020 All Rights Reserved.